対策をしておくことで命は助かる
家族を地震から守る
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家具
2005年09月06日 (火) 22:49 | 編集
先日、地震の専門家による近年の地震発生についての番組を見ました。
ほとんど地震が起きなかった場所で、小さな地震を含め多発しているのは、
実は南海地震の前兆なんだそうです。
もちろん、それとは関係ない地震もあると思いますが、
これほど多く発生すると少々気がかりです。


家の中での安全を守るなら、やはり家具の固定が基本です。
阪神淡路大震災では、家具の転倒により下敷きになって亡くなった方が
全体の死亡者の中で約7割をしめていました。

家具を固定することにより、生存確率がグンと上がるのです。


●タンスを固定する方法

タンスは分割できるようになっているので、継ぎ目をテープでとめると
よいです。
また天井まで届くような背の高いタンスは天井とタンスの間に、
発泡スチロールを挟むとストッパーとして役目が生まれますのでやってみて下さい。



●冷蔵庫の固定

冷蔵庫にはキャスターが付いているので、意外と動きやすいものです。これを固定するには、本棚用のL字型金具(筋交いのあるもの)を利用します。

冷蔵庫側の板と冷蔵庫本体との間に、発砲スチロールをはさみ込むと、冷蔵庫を傷つけることがありません。


市販のものでも色々出ていますので参考にして下さい。

Pro7【耐震マットプロセブン】大型家電品・家具用
Pro7【耐震マットプロセブン】大型家電品・家具用

取付簡単!!地震対策用家具の転倒防止具マグニチュード7(ML-35)2本1組
取付簡単!!地震対策用家具の転倒防止具マグニチュード7(ML-35)2本1組


スポンサーサイト
はじめに。
2005年09月03日 (土) 23:00 | 編集
私は、高知県に住んでいます。
高知といえば、90~150年に1度の周期で起こると言われる
「南海大地震」があります。

前回の南海大地震は1946年・マグニチュード8.0でした。
普通の計算だと、次の地震は2036年頃なのですが、ひとつ問題があります。

これまでの南海大地震はマグニチュード8.4前後でした。
1946年の地震は以前のものと比べて規模が小さいのです。

これにより、出し切らなかったパワーが残っていると考えられ、
早く次の地震が来る可能性が高いのです。

明日起きてもおかしくないとされる大地震に備えて、対策している人は
どれくらいいるのでしょうか。
事前に準備しているのと、していないのでは、命にかかわります。

そもそも、日本は地震大国なので、
「四国方面に住んでいないから大丈夫」
と言わず、事前対策を考えるきっかけにこのブログがなればと思います。


copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: designer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。